2008年04月08日

商品レビュー

僕が買い物をするとき、Webが大きな役割を果たしていることは言うまでもありません。
先日、お気に入りのモンターニャベロニカというコーヒーを買おうとショップを訪れたとき、アロマサーモステンレスコーヒーメーカー付福袋というものが気になりました。だいぶ前にコーヒーメーカーが壊れちゃって、いつかは買いたいと思っていたところだったので、そのページを開けてどんなコーヒーメーカーなのかを読もうと試みました。
ですが残念なことに、その開いたページを読んでもコーヒーメーカーの型番がよくわからず、ほんとにこの福袋が安いのかそうでないのかを判断することができませんでした。そこで、Google先生に、「アロマサーモステンレスコーヒーメーカー」とは何かを聞いてみることにしました。その結果、とてもおもしろい情報をみつけたのです。
Melitta アロマサーモ ステンレス ダークブラウン JCM-561/TDというYou Tubeに掲載された音声付の商品レビュー動画です。結局、もしかしたらこの型番のものとは違うかもしれないとは思いつつ、コーヒーメーカーとお気に入りの豆を買い物籠に入れてしまったのでした。
もしメーカーのWebサイトで十分な情報が得られない場合、僕たちは商品レビューを次の情報源として活用します。たいていの場合、それはテキスト情報で、それでももちろん十分なのですが、このような動画の商品レビューを見ることができて、また買い物の新たな楽しみ方を発見したような気がしたのでした。
そういえば、海外にはBlind Cool Tech Podcastという情報源があって、視覚障害者のユーザーが、自分が買った商品を使いながら、その使い勝手について紹介するコンテンツをたくさん集めています。僕がDS-50の時計を自分で合わせられるようになったのも、この情報源のおかげでした。
こうして考えてみると、やはりWebの力はすごいなと思うとともに、今回の経験を踏まえて、情報に対しては常にハングリーであり続けたいなと感じたのでした。
実は、あのコーヒーメーカーの福袋のページには、ちゃんと商品の詳細情報が書かれていたということを、最近知りました。型番もいっしょに入っているコーヒー豆の種類も、ページ内の結構わかりにくい場所にちゃんと書かれていました。同僚のBisonさんに感謝です。
ちなみにこのコーヒーメーカー、結構気に入りました。
posted by Debugon at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | Webアクセシビリティ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/13771527
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック