2008年04月12日

Tek Talkが信じられないくらい高機能でAccessibleな機器を紹介

日本時間では4月15日の9時、信じられないくらい高機能でアクセシブルな機器に関するプレゼンテーションが行われると、Blind Access JournalTek Talk Presents An Unbelievably Comprehensive And Accessible Deviceが伝えていました。
この機器は、僕が読み取れた範囲では、こんな感じのものです。

  1. 平面と立体のものをデジタルカメラで認識できる

  2. 手のひらよりちょこっと大きいサイズでありながら、60GBのハードディスクにWindows XPを搭載し、10秒以内に物を認識できる

  3. さまざまなサイズの本や雑誌や新聞を読み取るだけでなく、箱やボトルや缶(?や薬)に書かれた文字、そしてテレビの画面やディスプレイのテキストも読むことができる

  4. 撮影位置にかかわらず、自動的に写っているものの形を認識し、相対関係、歪み、形を補正することができる

  5. 撮影中に音声で「カメラをちょい右」とか、「ちょこっとカメラを引いて」とかを知らせることができる

  6. 編集機能までもついているほか、コマンドや文字の音声認識機能や音声録音機能、MP3(プレーヤー?)、手書きモジュール、bluetooth、無線LANも利用できる


機器は視覚障害者や難読症の利用者向けにデザインされたものなので、とってもアクセシブルだそうです。機器の名前はSiRecognizer UMPCだとか。どんな形をしてるのかは僕には想像できないので、画像を見た方はぜひどんな形なのか教えてください。
で、気になるプレゼンテーションはAccessible WorldのTek Talk Conference Roomで、日本時間の火曜日午前9時から行われるそうです。僕は直接参加はできませんが、あとから公開されるであろうPodcastを楽しみにしたいと思います。
posted by Debugon at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/13935388
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック