2017年12月23日

NVDAを使ってiTunes 12.7でiPhoneに着信音を転送する

しばらく容量の小さなiPhoneを使用していたので、できるだけ普段使用しないものはiPhoneに入れないことを最優先にして使っていたのですが、先日iPhone 8を使い始めたことをきっかけに、これまで長らくiPhoneに入れていなかった着信音を転送してみることにしました。

電話なんてほとんどかかってこないiPhoneなので、着信音なんてデフォルトで入っているものがあれば十分だと思ってきたのですが、せっかくなので手元にある古いファイルを転送してみることにしました。

ところが、iTunes 12.7では以前僕が使ったことがあったiTunesとは着信音の転送方法が変わっていて、NVDAを使って簡単にファイルを転送できないような気がしてびっくりしました。

結局、1ヶ月くらいいろいろ試したもののうまく転送することができなかったのですが、先日偶然そのやり方がわかりましたので、備忘録をかねてメモしておきたいと思います。

それくらいのことが1ヶ月もわからなかったのかよと笑われそうですがanyway・・・。

  1. iTunes 12.7を起動して「iPhone」と読み上げられるボタンを押します
  2. 「デバイスサイドバー ツリービュー」と読み上げられるツリービューに移動し、下矢印キーを数回押して「着信音」と読み上げられるところまで移動します
  3. WindowsのExplorerを開いて、iPhoneで使用できる着信音のファイル (.m4rという拡張子のついたもの)を探します
  4. 転送したいファイルがみつかったらCtrl+Cを押してクリップボードにコピーします
  5. 先程のiTunesのウインドウに戻り、タブキーを何度か押して移動し「アクションメニューを表示 ボタン」と読み上げられるボタンを押します
  6. 表示されたコンテキストメニューから「貼り付け」を選択します
  7. タブキーを押してリストに移動し、先程貼り付けたファイル名が読み上げられれば成功です

後はiPhoneを同期してファイルが転送されるのを待ちます。

iPhoneの「設定」の中にある「サウンドと触覚」の着信音の一覧に、先程貼り付けた着信音が表示されれば完了です。

posted by Debugon at 18:07| Comment(0) | メモ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。