2010年01月12日

iBill

今年も昨年に引き続き、3月末に行われる25th Annual International Technology & Persons with Disabilities Conferenceに参加させていただくことになりました。Webアクセシビリティをはじめとした最新技術の動向を調査するための、毎年恒例の重要なミッションなのですが、その渡米を前にして、少々気になっている機器があります。

Orbit Researchから発売されている、iBillです。ドル紙幣を瞬時に識別して、それが何ドル紙幣かを音声で案内してくれる機器で、アメリカ滞在の時には必須アイテムともいえそうなものです。

日本では、1000円札、5000円札、10000円札と、それぞれの紙幣の長さが5ミリ単位で異なっていることから、ちょっとがんばれば視覚障害者でもそれぞれの紙幣を識別することができるかと思います(僕の人生の中でも、間違ったお札を出してレジで指摘された経験はたくさんあるのですが)。

しかしながら、アメリカドルの紙幣は、数種類あるすべての紙幣の大きさが同じで、手で触ったり長さを比べたりしただけでは、それぞれの違いを区別することができませんでした。僕が滞在していたときも、事前に信頼できる人にそれぞれの紙幣を分けるのを手伝ってもらい、実際に紙幣を使うときにはお店の方を信頼するしか方法がありませんでした。

2007年のAFB AccessWorldの記事、Show Me the Money: An Evaluation of the Note Teller 2 Money Identifierによる調査結果が示しているように、ドル紙幣を視覚障害者が日常的に使用することは、容易なことではないようです。

前置きが長くなってしまいましたが、このiBillについて知ったのは、Blind Cool Tech PodcastiBill Demoというデモを聞いたのがきっかけです。

デモンストレーションの中では、実際にiBillを使用して、どのように紙幣を識別するかが紹介されておりました。紙幣の識別方法には、前述の音声で紙幣の名前を読み上げる方法のほかに、ビープ音の高さの違いで識別する方法、バイブレーションで識別する方法が用意されており、例えば音声が聞き取りにくい環境や、英語の発音を聞き取るのが難しい利用者も、この機器を利用できるように工夫されていることがわかりました。

従来品に比べてコンパクトで安価になったというこのiBillですが、販売価格は99ドルとのこと、今回は1週間ほどの滞在しか予定していない僕にとっては、少々手に入れずらい機器であるようです。ともあれ、機会をみつけてぜひ試してみたい機器だと感じました。

posted by Debugon at 03:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 支援技術
この記事へのコメント
こんにちは。こちらのブログは興味深く拝読しています。
私もドル紙幣を触って識別する難しさはよくわかります。
私も日本で両替した際に銀行でドル紙幣を種類ごとに別々の封筒に入れてもらったり、友人や知人に見てもらったりしていました。紙幣を種類ごとに分けて入れられる財布が必要だと思いました。
「iBill」も機会があったら試してみたいです。
Posted by 清沢 友加 at 2010年01月12日 12:11
清沢様

コメントありがとうございました。そして、返信が遅くなってしまい申し訳ございません。

確かに、ドル紙幣を持つときには、複数種類の紙幣を分けて入れられるような財布が便利ですね。
僕も今年は、出国前の空港で紙幣を分けるのを手伝っていただこうかなと考えています。

ふと思ったのですが、アメリカではこのiBillのような機器が、日常生活用具としての給付対象になってたりするのかもしれませんね。
そのあたりも含めて、現地で調べてきたいと思います。
Posted by Debugon at 2010年01月24日 05:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34691582
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック